J ransomware virus を削除する方法

Jランサムウェアは暗号化トロイの木のように見える由梨のWannaCry(WannaCrypt0r)ランサムウェアでコードとは異なるオリジナルです。 サイバーセキュリティの専門家に確認したところ、Jはランサムウェアが独立したプロジェクトのコピーの身代金の通知WannaCryにどのようにPetya2017年にはランサムウェアにも及ウクライナ、ロシア、その他の東欧諸国に拡大します。 脅威の事業者の背後に攻撃のJにはランサムウェアに脆弱性を使用するにはM.E.Doc 文書管理プラットフォームし、多くのサービス東ヨーロッパます。 その攻撃WannCry月2017年度には、企業の苦労を更新するシステムうですが、その取り組みがないのに十分なカウンターの広がりですので、ランサムウェアです。

ユーザーのM.E.Doc を受けて破損の更新をプラットフォームは、以上の脅威です。 の破損更新を含むのコピー Petya2017年にはランサムウェアのJにはランサムウェアを落とした以下のフォルダー:

C:ProgramDataMedocmedoced.exe

初期脅威の分析に明る前にトロイの木組み込み、文字列’WNCRY”製品の場合のための新たな脅威としてのバージョンのWannaCryます。 一部のマルウェアの研究者への脅威でという方法で自由に処分できるWannaCry.NET ランサムウェアとしてと考えられるとしてクローンにします。NETプログラミング言語です。 詳細検査の脅威のサンプル調でコード化します。NETプログラミング言語の機能によって異なるのです。

doc,docx,xls,xlsx,ppt,pptx,pst,ost,msg,eml,vsd,vsdx,txt,csv,rtf,123,wks,wk1,pdf,dwg,onetoc2,snt,docb,docm,dot,dotm,dotx,xlsm,xlsb,xlw,xlt,xlm,xlc,xltx,xltm,pptm,pot,pps,ppsm,ppsx,ppam,potx,potm,edb,hwp,602,sxi,sti,sldx,sldm,sldm,vdi,vmdk,vmx,gpg,aes,ARC,PAQ,bz2,tbk,bak,tar,tgz,gz,7z,rar,zip,backup,iso,vcd,raw,cgm,tiff,nef,psd,ai,svg,djvu,m4u,m3u,mid,wma,flv,3g2,mkv,3gp,mp4,mov,avi,asf,mpeg,vob,mpg,wmv,fla,swf,wav,mp3,sh,class,jar,java,rb,asp,php,jsp,brd,sch,dch,dip,pl,vb,vbs,ps1,bat,cmd,js,asm,h,pas,cpp,c,cs,suo,sln,ldf,mdf,ibd,myi,myd,frm,odb,dbf,db,mdb,accdb,sql,sqlitedb,sqlite3,asc,lay6,lay,mml,sxm,otg,odg,uop,std,sxd,otp,odp,wb2,slk,dif,stc,sxc,ots,ods,3dm,max,3ds,uot,stw,sxw,ott,odt,pem,p12,csr,crt,key,pfx,der.

の身代金通知もしくはプログラム名が’@WanaDecryptor@.exeでは、”ウィンドウ中の”ねDecrypt0r2.0にアクセスしてください。’ のプログラムでは:
◾C:Documents and SettingsAll UsersDesktop@WanaDecryptor@.exe
◾C:All UsersMusic@WanaDecryptor@.exe
◾C:All UsersPictures@WanaDecryptor@.exe
◾C:All UsersFavorites@WanaDecryptor@.exe
◾C:All UsersAppDataRoamingMicrosoftTemplates@WanaDecryptor@.exe

シンプルなテキスト版のテキストの”えDecrypt0r2.0″ウィンドウで’@Please_Read_Me@.txtます。’ の文書が保存され、次のディレクトリ:
◾C:Documents and SettingsAll UsersDesktop@Please_Read_Me@.txt
◾C:All UsersMusic@Please_Read_Me@.txt
◾C:All UsersMusic@WanaDecryptor@.exe
◾C:All UsersPictures@Please_Read_Me@.txt
◾C:All UsersPictures@WanaDecryptor@.exe
◾C:All UsersFavorites@Please_Read_Me@.txt
◾C:All UsersAppDataRoamingMicrosoftTemplates@Please_Read_Me@.tx

妥協のユーザーによりカウントダウンタイマーの日、最初の身代金手数料は300ドルコールドウォレットでコインです。 毎日の料金を倍増することにより、ユーザーが支払う必要があり600米ドルので1200ドルの日その日のランサムウェア事業者の約束を削除する暗号解読鍵に必要なデータを回収します。 サイバーセキュリティアナリストが求めるユーザーのMe.Doc platformの最新の更新システムおよび第三者のソフトウェアです。 どうしたらよいかということです”迷惑メールや無効化をマクロ機能オフィス。 支払いは、身代金はないとして奨励されることが重要で奪う脅威の俳優の益dissuadeに開発されてい更新のためのJにはランサムウェアです。 システムの影響を受け、Jはランサムウェアとして回収できていバックアップもメモリ記憶装置です。 ほとんどの産業用システムの対象となるJにはランサムウェアへの支援安全なバックアップ機構です。 ものとなっており、それに加え定期的ユーザーイバックアップ溶液に信頼されるマルウェア対策シールドします。

J ransomware virus によって影響を受ける Windows OS

  • Windows 1029% 
  • Windows 830% 
  • Windows 727% 
  • Windows Vista5% 
  • Windows XP9% 

警告!複数のウイルス対策スキャナーだけ J ransomware virus に関連するマルウェアの可能性が検出されました。

Anti-Virus SoftwareVersionDetection
VIPRE Antivirus22224J ransomware virus.Generic
K7 AntiVirus9.179.12403Unwanted-Program ( J ransomware virus )
Malwarebytesv2013.10.29.10PUP.J ransomware virus
McAfee5.600.0.1067Win32.Application.J ransomware virus
Baidu-International3.5.1.41473PUP.Win32.J ransomware virus
NANO AntiVirus0.26.0.55366Trojan.Win32.Searcher.J ransomware virus
ESET-NOD328894Win32/J ransomware virus
VIPRE Antivirus22702J ransomware virus
Qihoo-3601.0.0.1015Win32/Virus.RiskTool.J ransomware virus
Malwarebytes1.75.0.1PUP.Optional.J ransomware virus
Kingsoft AntiVirus2013.4.9.267Win32.J ransomware virus
Tencent1.0.0.1Win32.J ransomware virus
Dr.WebAdware.J ransomware virus

国別動向: J ransomware virus

ダウンロードの削除ツール削除するには J ransomware virus

Our recommended software:

There are not many good anti-malware software's with high detection ratio. Our malware research team recommend to run several applications, not just one. These antimalware software's which listed below will help you to remove all pc threats like J ransomware virus.

SpyHunter4 Anti-MalwarePlumbytes Anti-Malware

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>