Helpme@freespeechmail.org を削除する方法

Helpme@freespeechmail.org とは何ですか。

Helpme@freespeechmail.org は、あなたのシステムにずるずるし、データが破損することがでくランサムウェア感染です。悪意のある脅威は、あなたのファイルを暗号化、一度身代金を支払うし、Helpme@freespeechmail.org にお支払いの確認をメールで送信する必要がありますあなたのデータを復元する場合と主張してメッセージをご紹介します。これは、マルウェアの名前、e メール アドレスはなぜ理由です。言うまでもなくお勧めしませんあなたのお金を無駄にし、サイバー犯罪者を扱うまでにその約束に従ってください理由理由がないので。あなたは Helpme@freespeechmail.org のすぐに取り除くを取得お勧めします。

freespeechmail

ダウンロードの削除ツール削除するには Helpme@freespeechmail.org

Our recommended software:

There are not many good anti-malware software's with high detection ratio. Our malware research team recommend to run several applications, not just one. These antimalware software's which listed below will help you to remove all pc threats like Helpme@freespeechmail.org.

SpyHunter4 Anti-MalwarePlumbytes Anti-Malware

Helpme@freespeechmail.org の仕組みは?

ランサムウェア スパム電子メールの添付ファイルや悪意のあるソフトウェアのバンドル、破損したリンク、偽の広告を通じてお客様のシステムに侵入することができます。なぜそれがウェブをサーフィンしながら慎重に不可欠であります。不審な広告と電子メールを信頼、信頼性の高いページからのみソフトウェアをダウンロードし、インストール プロセス中に任意の追加提供を参照してくださいに起こる場合は、常にそれらを辞退しようとしないでください。

Helpme@freespeechmail.org ランサムウェアは、CTB ロッカーと同様の方法で動作します。それはあなたの写真、ビデオ、ドキュメント、暗号化され、他のデータ ファイルししてデスクトップをロックします。暗号化されたファイルの拡張子があるランダムな ID とそれらに接続された電子メール。寄生虫は、あなたのファイルを復元する方法を説明するメッセージが表示されます。それは約 $1000 である 3 Bitcoins を支払うことを要求します。それは、前述されていると浪費してはいけないお金戻ってファイルを取得、実際に、保証がないことを考慮しました。何をすべきが Helpme@freespeechmail.org を終了し、あなたのファイルを復元します。

Helpme@freespeechmail.org を削除する方法?

早くより、Helpme@freespeechmail.org を削除します。私達のページに表示される強力なマルウェア対策ツールの助けを借りてお使いのコンピューターから Helpme@freespeechmail.org を排除できます。それはあなたのシステムをスキャンし、すべての悪意のあるファイルやプログラムを検出します。一溜まりもなく Helpme@freespeechmail.org を消去することができます。あなたはそれを行うことができます、前にただし、セーフモードとネットワークにあなたの PC を再起動する必要があります。以下の手順でできます。Helpme@freespeechmail.org 除去に加えてまたあなたのファイルの世話をする必要があります。影エクスプ ローラーを使用して、ファイルの復号化ツールのいずれかを実装、またはバックアップから復元できます。

Helpme@freespeechmail.org 手動での除去

  1. 同時にタスク マネージャーを開いて CTRL + シフト + ESC キーを押します。
  2. ランサムウェアのプロセスを見つけます。それは、ランダム生成されたファイルをする必要があります。
  3. %Appdata%/roaming フォルダーに移動し、同じ名前の実行可能ファイルを削除します。
  4. Windows のレジストリエディターを開きに移動し [ul-0]

または、この手動の除去ガイドします。

お使いのコンピューターから Helpme@freespeechmail.org を削除する方法を学ぶ

削除方法は、ランサムウェア?

ステップ 1. 削除Helpme@freespeechmail.orgを用いた安全モードネットワーク

a) 再起動のパソコンへのセーフモードの構築に向けたネットワークです。

Windows7/Vista/XP
1. 開始→停止→再起動→"OK""OK"→新します。 2. の再起動が発生し、プレスF8ます。 を長押しするまでの起動オプション]ウィンドウが表示されます。 win7-safemode Helpme@freespeechmail.org を削除する方法 3. り安全なモードの構築に向けたネットワークです。
Windows8/10
1. のWindowsログイン画面でを押して、電源ボタンを押します。 長押しシフトキーです。 をクリックし再度入れ直してください。 2. トラブルシューティング→高度なオプション"→"起動設定"→"再度入れ直してください。 win10-safemode Helpme@freespeechmail.org を削除する方法 3. を選択する安全モードネットワークです。

b) 削除Helpme@freespeechmail.orgます。

一度にコンピュータ"セーフモード、お客様のブラウザをダウンロードマルウェア対策ソフトウェアのお好みます。 ドコンピューターにマルウェア対策に対する悪意のあるファイルです。 することが可能になると削除します。 できない場合はアクセスセーフモードとネットワークにお進みする場合は、以下の注意事項です。

ステップ 2. 削除Helpme@freespeechmail.org用システムの復元

a) 再起動のコンピュータの安全モードコマンドプロンプトです。

Windows7/Vista/XP
1. 開始→停止→再起動→"OK""OK"→新します。 2. の再起動が発生し、プレスF8ます。 を長押しするまでの起動オプション]ウィンドウが表示されます。 win7-safemode Helpme@freespeechmail.org を削除する方法 3. ピ安全モードコマンドプロンプトです。
Windows8/10
1. のWindowsログイン画面でを押して、電源ボタンを押します。 長押しシフトキーです。 をクリックし再度入れ直してください。 2. トラブルシューティング→高度なオプション"→"起動設定"→"再度入れ直してください。 win10-safemode Helpme@freespeechmail.org を削除する方法 3. を選択する安全モードコマンドプロンプトです。

b) 復元システムファイルや設定画面を呼び出します。

1. Cd復元時にコマンドプロンプトウィンドウが表示されます。 Enterキーを押します。 2. タイプrstrui.exe "と入力し、enterキーを押します。 command-prompt Helpme@freespeechmail.org を削除する方法 3. のシステムの復元画面ポップアップし、"次へ"をクリックします。 4. 選択の復元ポイント、次へ(next)をクリックします。 system-restore Helpme@freespeechmail.org を削除する方法 5ます。 [はい]をクリックし、警告ウィンドウが表示されます。 システムの復旧が完了することをお勧めするマルウェア対策ソフトウェアおよびスキャンコンピュータにはランサムウェアで変更することができることになっていることがある。

ステップ 3. 回収データ

さらにはランサムウェアは暗号化されたファイルのプロジェクトはまっバックアップを取得していません前の感染は、以下の提供方法が助けることができるようにな回復しています。

a) 使用データ復旧プロの回復ファイル

  1. ダウンロードprogramから信頼されるソースおよびインストールしてください。
  2. プログラムをスキャンコンピュータの回収可能なファイルです。 data-recovery-pro Helpme@freespeechmail.org を削除する方法
  3. 回復しています。

b) ファイルを回復させよWindows以前のバージョン特集

またシステムの復元機能をシステムへ対応することができるでしょう回復のファイル経由Windows以前のバージョンです。
  1. を右クリックして暗号化されたファイルを元に戻したいです。
  2. 物件→以前のバージョン previous-version Helpme@freespeechmail.org を削除する方法
  3. バージョンを選択しをしたいファイルを回収し、元に戻すをクリックします.

c) 影Explorerを復号するファイル

レーショナルデータベースの自動作成す影のコピーは自分のファイルの場合クラッシュがランサムウェアを管理し削除します。 しかしそれでもなお、試してみる価値です。
  1. ダウンロード影を以下のように変更しました。 さらに好ましくは公式ホームページ(http://shadowexplorer.com/)は、インストールおよびプログラムです。
  2. 左上隅があります落としのメニューです。 検索のためのディスクが含まれる暗号化ファイルです。 shadow-explorer Helpme@freespeechmail.org を削除する方法
  3. だかのフォルダを右クリックして選択輸出します。

Helpme@freespeechmail.org によって影響を受ける Windows OS

  • Windows 1023% 
  • Windows 838% 
  • Windows 719% 
  • Windows Vista3% 
  • Windows XP17% 

警告!複数のウイルス対策スキャナーだけ Helpme@freespeechmail.org に関連するマルウェアの可能性が検出されました。

Anti-Virus SoftwareVersionDetection
K7 AntiVirus9.179.12403Unwanted-Program ( Helpme@freespeechmail.org )
Malwarebytes1.75.0.1PUP.Optional.Helpme@freespeechmail.org
Kingsoft AntiVirus2013.4.9.267Win32.Helpme@freespeechmail.org
NANO AntiVirus0.26.0.55366Trojan.Win32.Searcher.Helpme@freespeechmail.org
Qihoo-3601.0.0.1015Win32/Virus.RiskTool.Helpme@freespeechmail.org
Tencent1.0.0.1Win32.Helpme@freespeechmail.org
VIPRE Antivirus22224Helpme@freespeechmail.org.Generic
ESET-NOD328894Win32/Helpme@freespeechmail.org
VIPRE Antivirus22702Helpme@freespeechmail.org
Dr.WebAdware.Helpme@freespeechmail.org
McAfee-GW-Edition2013Win32.Application.Helpme@freespeechmail.org
Baidu-International3.5.1.41473PUP.Win32.Helpme@freespeechmail.org
Malwarebytesv2013.10.29.10PUP.Helpme@freespeechmail.org
McAfee5.600.0.1067Win32.Application.Helpme@freespeechmail.org

国別動向: Helpme@freespeechmail.org

ダウンロードの削除ツール削除するには Helpme@freespeechmail.org

Our recommended software:

There are not many good anti-malware software's with high detection ratio. Our malware research team recommend to run several applications, not just one. These antimalware software's which listed below will help you to remove all pc threats like Helpme@freespeechmail.org.

SpyHunter4 Anti-MalwarePlumbytes Anti-Malware

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>